So-net無料ブログ作成
<スポンサードリンク>

丹後王国タワーの設計は誰? 場所はどこにある?

丹後王国タワーが検索回数の上位に上がっていました、何かで特集でもされたのかもしれませんね。

ヤフーのヘッドラインをまずは見てみましょう。
スクリーンショット 2015-09-08 22.03.39.png


11年間放置するというのはちょっと放置しすぎな気がしますね。

初年度の年間入場者数は4ヶ月で20万人を達成した・・というのはすごいことのようですね。
京都市が放置してしまったのは台風のためだったようです。

これだけ人気のあるような施設ならば、早く修理して使えば良いかもしれませんが、これだけ長い間放置してしまったら、内部がどのように壊れるかわからずに、このままリニューアルというのはちょっと怖いかもしれませんね。


丹後王国タワーの設計は誰?

設計者の名前を探したのですがインターネット上には見つけることができませんでした。

そもそも廃墟になった原因が台風のための損傷ということで、長く使いたかったらこだわった設計にしてはダメということでしょう。
twitterでも同様のコメントを見つけました。


このタワーを設定した人は誰なのでしょうか?


場所はどこにある?

スクリーンショット 2015-09-08 22.27.24.png

京都市内のようですね、電車で通るとこの塔を見つけることができるために、この塔に登ってみたいという風に思って、よってはみたけれども、実際に中に入れないことがわかってがっかりする人も多いかもしれませんね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
<スポンサードリンク>
インフォメーション1
インフォメーション2
インフォメーション3
Copyright © 最新エンタメ情報 All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。